これからどうすべきなのか

iPhoneに不正アプリが出た以上、「iPhoneだから大丈夫」が通用しなくなってしまったと言っても決して過言ではありません。 それまでAndroidで不正アプリのニュースが流れたとしてもiPhoneユーザーにとっては対岸の火事でしかなかったものなのですが、iPhoneでも不正アプリが登場した今、そのように楽観視する事が出来なくなったとも言えるでしょう。 まだまだ数そのものではAndroidの方が圧倒的に多いのですが、今後iPhoneの不正アプリが増えてくるのは時間の問題とも言えるでしょう。 ですのでまずは不正アプリがどのようなものなのかはもちろんですが、不正アプリは登場していないのかどうか。 この点までしっかりと調べておかなければならないでしょうね。 決して他人事のように思うのではなく、もしかしたら自分自身も不正アプリをダウンロードしてしまう可能性があるくらいの危機感は持っておくべきでしょう。 最低限ダウンロードするアプリの評判をチェックするのは必要になってくるでしょう。 もしも不正アプリをダウンロードして使用したら、誰が被害を受けるのかと言えば他ならない自分自身なのですから、情報収集はしっかりと行うべきでしょう。

不正アプリの意味

iPhoneに不正アプリが登場して大きなニュースとなってしまったのですが、不正アプリとはどのようなものなのでしょうか。 これが解らなければ警戒しようが無いかと思われるのですが、不正アプリは簡単に言えば正規のアプリではないという事になります。 何が正規ではないのかと言えば、実はアプリは配信される際、iPhoneであればAppleのルールに従わなければならないものなのです。 配信したいアプリはまずはAppleで審査され、そこでOKであればアプリとして配信されるのです。 Androidはこの審査が少々甘いものだったがために不正アプリが多かったと言われているのですが、iPhoneでは審査が厳しいものだったからこそこれまで不正アプリがなかったのです。 その網を掻い潜って不正アプリが登場したのですから大きな衝撃となってしまうのも仕方ない部分ではありますよね。 「まさかiPhoneに…」ですからね。 不正アプリは個人情報を抽出したり、あるいはウィルスが定番なのですがiPhoneの不正アプリは個人情報を取られてしまうものと言われています。 iPhoneでこのような事態が起きるとは大きな衝撃ですよね。